第8回上海サマースクール大洋州プログラムは上海対外経貿大学で終了

study-shanghai.org 20-07-2018

このごろ、第8回上海サマースクール大洋州プログラムは上海対外経貿大学の古北キャンパスで行われた。副学長の陳潔氏はサマースクールに参加した留学生に修了証明書を授与した。国際交流学院の院長である邱貴渓氏は中国人学生ボランティアに証明書を授与した。

陳潔氏は留学生に対して「中国とオセアニアの間の文化交流の使者の役割を果たしてほしい。上海へ留学し、仕事してほしい」と期待を寄せた。

今回の留学生参加者はオーストラリアのメルボルン大学、ウロンゴング大学、ディーキン大学、ニュージーランドのオタゴ大学、オタゴポリテクニク大学、バヌアツの南パシフィック大学といった六つの大学から選抜された42名の学生。

四週間にわたるこのプログラムは、特別講座、中国語研修、中国書道と絵画、切り紙細工、京劇のマスクの作り、茶道、武術、太極拳などに関する授業が含まれている。そのほか、同プログラムの一環として、参加者は上海博物館と陸家嘴金融センター、中国武術博物館、朱家角古鎮へ見学に行った。