2018上海サマースクールの漢方薬プログラムは閉幕

study-shanghai.org 07-08-2018

このごろ、上海市教育委員会が主催し、上海中医薬大学が共催した2018上海サマースクール(漢方薬プログラム)が閉幕した。同イベントには、オーストリア、ロシア、マレーシア、アメリカ、ドイツ、スペイン、フランス、マルタ、ドミニカ、ポーランド、チェコ、ブラジル、ハンガリー、スイス、韓国からの32名の留学生が参加した。

このプログラムは上海市外国留学生政府奨学金の支援のもとで行われた。上海の各大学が優秀な留学生を選抜して、一ヶ月間ぐらい中国語を勉強させ、中国の文化を体験させた。

この一ヶ月間で留学生たちは漢方薬をテーマとした博物館の見学を通して、悠久の歴史を持つ漢方薬の文化を勉強した。また中国語の表音のローマ字表記ピンインを学んで、中国語の基本知識を身につけた。中国人の好物の餃子や匂い袋の作りかたを勉強し、伝統的な京劇を鑑賞し、体の経絡と針灸のつぼを勉強した。それだけでなく、中国独特の太極拳を学んで、中華伝統文化の魅力をより一層深く体感した。そのほか、留学生たちは参加者同士やボランティアとと旅行の体験について交流し合った。