ホーム > レジャー·娯楽 > 文化

「如是我聞」鄭聞卿個展が上海ガラス博物館で開催

study-shanghai.org 15-09-2017

 近日、「如是我聞」鄭聞卿個展が上海ガラス博物館で開催された。「透明な声」、「マンダラケ」及び「芒」の合計3シリーズ6組のガラスと機械を結合した大型装置作品が展示され、観客に斬新な芸術効果と表現を見せてくれた。

これらの作品は中国美術学院副教授、芸術家鄭聞卿近日の考えと研究、即ち動的状態における線状ガラスと音と光の「会話」を中心に表現している。これらの作品はガラスを通して、一連の大胆な試みが行われた。展覧会は5月6日まで開催。