ホーム > レジャー·娯楽 > 文化

世界移動通信大会・上海が開催

study.edu.sh.gov.cn 12-07-2019

 6月26日、世界移動通信大会・上海(Mobile World Congress Shanghai2019、以下MWC上海2019と略す)が上海新国際博覧センターにおいて開催された。「智聯万物」(知能による万物の繋がり)をテーマとする同大会は、5G(第5世代移動通信システム)、モノのインターネット、AI(人工知能)、ビッグデータなどをめぐる世界最大の5Gの科学技術を全面的にカバーする展示会という。


2.jpg
展示会の現場

MWC上海2019の開催前日、華為(ファーウェイ)が新発売したスマホMate 20 X(5G)は中国初の5G端末電信設備入網許可証を取得し、5G時代の到来を宣言した。展示ブースのスタッフによると、Mate 20 X(5G)は華為が自主開発した5Gチップ巴龍5000を搭載し、VR(バーチャル・リアリティ)設備と接続したら、ダウンロードせず直接にクラウドで超高精細(Ultra High Definition)の動画が視聴できる。ほかに、中国移動(チャイナモバイル)や、oppo、vivoなどのスマホ会社もそれぞれの5G端末と5Gの活用シーンを展示した。

5Gテクノロジーの応用について、ノキアのクラウドゲームサービス、中国電信(チャイナテレコム)の5GクラウドVR教室などが注目を浴びた。「5Gによる手術の展示もある。バルセロナの専門家は上海東方医院の手術にリアルタイムの指導を行う」とGSMA大中華ブースの責任者は語った。

また、華為は同社が40億ドルを5G事業に投じ、50以上の商用契約を獲得し、韓国、イギリス、スイス、イタリアなどの5G商用サービス事業に参入したと発表し、中国移動の董事長の楊傑氏は、5Gは各通信運営業者にとっての重要なチャンスであり、5Gの発展には開放を拡大し、提携を深化しなければならないことを指摘した。MWC上海2019会期中に、中国移動は「5Gプラス」戦略を発表し、5Gの開発と応用に力を注ごうとしている。中国聯通(チャイナユニコム)はグローバルな提携企画UP Programを発足させ、すでに23社との協力を実現した。中国電信も、5G発展の新しいエコシステムを構築しようと表明した。