ホーム > レジャー·娯楽 > 文化

2019上海ツーリズムフェスティバル、さらにレベルアップ

study.edu.sh.gov.cn 21-08-2019

 2019上海ツーリズムフェスティバル組織委員会議によると、2019上海ツーリズムフェスティバルは9月14日から10月6日まで開催され、特色ある活動・イベント100以上を行い、国内外の観光客に最高のサービスを提供する。

25か国・地域からきた33のパフォーマンスチームと、国内外の観光スポットが展示されるフロート車25台が今回のフェスティバルの開会式及びパレードに登場し、観衆たちは目でも耳でも存分に楽しめるという。

また、フェスティバルの活動・イベントがさらにレベルアップする予定。例えば、上海は「長江デルタ一体化文化観光市場」を作り上げ、長江デルタ地域の省・市が共に世界レベルの観光地をつくる;上海における「4大ブランド」の影響力を広げるには、数多くの活動は「ナイトタイムエコノミー」に焦点を当てている;「上海を読もう」と「黄浦江を楽しもう」のテーマ活動で、上海の様々な観光地とモデルコースが紹介され、観光情報が提供される。

毎年恒例の上海観光地半額イベントはもちろん開催するが、今年はホテルや民宿などでの宿泊も割引対象となり、ほかに博物館、美術館などではお得なキャンペーンが行わるという。

今回のフェスティバルをきっかけに、上海は「『一帯一路』友好都市観光連合プロモーションネットワーク」を構築し、より多くの人たちに「一帯一路」沿線観光地の素晴らしさを伝える。

「外国人観光客に中国文化をより深く理解してもらう」ことを趣旨とする「上海国際ファミリーの日」カーニバルのような外国人向けのスペシャル体験イベントもフェスティバル中に開催!

上海ツーリズムフェスティバルは1990年発足してから30年を経て、現在グローバルな観光イベントとして知られている。2018年の上海ツーリズムフェスティバルは国内外の観光客1275万人を動員したという。