ホーム > レジャー·娯楽 > 文化

第21回中国上海国際芸術祭が10月18日に開催

study.edu.sh.gov.cn 26-09-2019

 9月10日に行われた記者会見では、第21回中国上海国際芸術祭が10月18日から11月17日まで開催されることが明らかにされた。計43ステージ97パフォーマンスのうち、世界初公開は8ステージ、アジア初公開は5ステージ、上海のオリジナルは8ステージという。上演プログラムは12件で、特に「芸術の空」(芸術天空)シリーズパフォーマンスは全市16区で行われ、上演回数は98回まで達する予定。「青年芸術家扶持計画」では、7人の芸術家は6作品を出し、学校、コミュニティー、劇場などでおよそ100の活動も行われる。40以上の国・地域から、450機関900人近くは交易会とフォーラムに参加する見込みだ。

上海曲芸団と上海市曲馬学校が共同創作したテーマサーカス「上海の戦い」(暫定名)は今回の芸術祭の幕を開ける。また新中国成立70周年にあたり、様々な関連作品は上演される。例えば、中国国家話劇院のオリジナル作品「三湾、あの夜」(三湾,那一夜)は歴史的事件「三湾改編」により創作され、中国共産党が新型の人民軍隊を持ち始めたことを振り返った。

1.jpg
写真・文匯報

注目すべきことに、芸術祭の開催期間で上海大劇院、文化広場などにおいて特別イベントが開催され、上音歌劇院、上海九樹未来芸術センターも初めて一般公開される。