ホーム > レジャー·娯楽 > 文化

上海、初のナイトライフ祭り開催へ

study.edu.sh.gov.cn 28-04-2020

VCG2148b8b6c39.jpg

写真・VCG

新型肺炎の影響を受け、飲食やエンターテイメント、観光など、ナイトタイムエコノミーにとって重要な業界は不振となっている。23日に開かれた市政府記者会見で、ナイトタイムエコノミー振興のため、上海市商務委員会、上海市文化観光局をはじめとする政府機関は6月に上海初のナイトライフ祭りを開催する予定だと伝えられた。

まもなく開催されるナイトライフ祭りは、夜の食事、夜の遊び、夜の娯楽、夜のショー、夜の読書、6つのテーマに焦点を当て、様々な催しを行う予定。祭りの開催期間で、新天地-158坊、黄浦浜江-外灘、静安寺、五角場大学路、浦東浜江富都-造船所などのナイトスポットは特別イベントを開催し、南京路などの商業地は営業時間延長となる。ほかに、上海のバーや博物館などにもそれぞれナイトイベントを行うという。

去年から、上海市商務委員会など9つの政府機関はナイトタイムエコノミー発展の10か条措置を発表し、15人のナイトライフ市長、98人のナイトライフCEOを任命し、9つのナイトライフランドマークを指定し、安義夜巷、新天地活力街区での週末限定歩行者天国イベントや地下鉄13号線の運営時間延長を実施してきた。