ホーム > レジャー·娯楽 > 旅のモデルコース

古城巡り

study-shanghai.org 03-02-2019

上海嘉定は独特な古代風情と魅力的な現代風景で有名。南翔の老街のぶらりコース、まるで古代にタイムスリップしたかのようだ。安亭老街は上海国際自動車城の東洋の魅力を引き立てた。過去を振り返コース共に未来を見渡す。きっと嘉定で楽しいひと時を過ごせるでしょう。

南翔老街

南翔老街は立て直された住民、商業地であり、晩清から中華民国初期の建築を真似している。川辺には細い廊下と亭子があり、石碑扁額と対聯は街の名人かつての輝かしい過去と長い街の歴史を語っている。
住所:嘉定区南翔鎮人民街
開放式観光スポット
交通コース:地下鉄11号線南翔駅で南翔バス3号線に乗り換え
お問合せ:0086-21-59125503


 

雲翔寺

南翔鎮はこの寺から名付けられたものである。雲翔寺は旧称白鶴南翔寺であり、大火事で焼け落ち、古猗園の唐代の石像、宋の普同塔と南翔老街の二つの塔しか残らなかった。雲翔寺は2000年に建て替えられた。
住所:嘉定区南翔鎮人民街100号


 

南翔双塔

南翔双塔は五代十国時代に建てられたもので、中国唯一の残っている仏教双塔であり、唯一の石塔である。南翔老街のシンボル的な建築として、南翔双塔も上海で最も古い塔の一つである。塔の高さ11m、七階建てで八角形の形をしている。塔の割合はとても完璧で、典型的な唐・宋時代の建築風格である。
住所:嘉定区南翔鎮人民街
 


 

檀園
檀園は元々明代の作家、書道家、画家である李流芳の個人園林だった、彼は董其昌と並んで、明末清初九大画家の一人である。檀园は現存の記録と李流芳の詩を頼りに建て替えされ、入り口の文字も李流芳が自ら書いたものである。園内には瓢箪型の池、曲がりくねった廊下と橋があり、典型的な江南園林の建築風格である。
住所:嘉定区南翔鎮混堂巷5号
入場料:30元

南翔歴史文化陳列館
陳列館は歴史紹介、文化遺産、観光スポット、老街と老舗、地元名人、特産品、風習などのテーマから地元の歴史を展示し、声光装置を通して現代化の効果を作り出す。人々はこの町のすべての歴史を知ることができるだろう。
住所:嘉定区南翔鎮解放街260号
入場料:8元

実用ティップス
老鎮フリープラン旅行の計画
南翔は週末旅行の理想な地であり、観光客はまず古漪園でおいしい小籠包を味わい、南翔古街と雲翔寺で残りの時間を過ごすことができる。撮影マニアと歴史マニアは人民街にそってぶらりと歩き、平和な地元の生活を体験。そのまま勝利街まで歩くと美しい江南水郷の風景を楽しむことができる。

市場:安亭老街
安亭は生き生きとした元気のある古鎮であり、古代と現代の魅力を同時に持っている町でもある。明の時代から、古鎮は人口が多い豊かな江南小町になった。街は経済文化の重点を自動車工業に移しているが、老街はそのままの姿で残されている。

住所:嘉定区安亭鎮新源路(新源路と昌吉路の交差点)

開放式観光スポット
交通コース:地下鉄11号線安亭駅で安亭バス4号線に乗り換え
お問合せ:0086-21-39542386

永安塔
永安塔は安亭河の傍に位置し、清の時代に焼き落され、立て直され、今新しい塔は壮大で美しい。塔の名前は玉佛寺方丈覚醒大和尚様が書いたものである。永安塔は高さ52.88メートル、合計で九階六面ある。塔内には地下宮殿と小さな屋根裏部屋があり、宋の建築風格のあらわれである。
住所:嘉定区安亭鎮安亭老街
入場料:10元(フリーパス)(現在は一般公開していない)
お問合せ:0086-21-39542386