ホーム > レジャー·娯楽 > 生活体験

2020年、「上海新年第一遊」がスタート

study.edu.sh.gov.cn 07-01-2020

 上海の新年を迎える年越しイベント、「上海新年第一遊」は、2019年12月31日の夜に開催された。国内外からの観光客9000人近くはこのイベントに参加した。

1.png
「上海新年第一遊」に参加した外国人観光客 写真・新華網

近年、お正月祝いをテーマとするイベントは特に外国人観光客に大人気だ。今回、日本やドイツ、イタリアなどからの観光客200人余りは、伝統的な中国式お正月を体験しにきた。「上海で新年を迎えると決めたのは、東洋文化や上海の都市文化に憧れているからだ」とドイツからの大学生たちは言った。彼らは一年も前に今回の旅行計画を立て、今回は上海の観光名所を巡り、美味しい中国料理を堪能しようにきたという。

上海市文化観光局の程梅紅副局長によると、「上海新年第一遊」というイベントは30年続いてきた。最初は日本人観光客向けのイベントだったが、今人気な上海旅行プログラムとして世界中の観光客を惹きつけている。

文化・観光融合という背景の下で初開催された上海イベント、2020年「上海新年第一遊」は新しい視覚的・インターアクティブな体験を作った。越劇(中国の伝統演劇の一つ)や獅子舞などのパフォーマンスが新年会で上演され、剪紙(中国の切り絵)作りをはじめとする一連の特色のある手作り体験もあった。また、上海の文化クリエイティブグッズを展示した、「上海文創第一展」も同時開催された。上海文化やお正月祝いの要素を取り入れた600点以上の商品があったという。