ホーム > レジャー·娯楽 > 景勝地

詩情豊かな旅に出る=上海徐匯区

study.edu.sh.gov.cn 07-05-2019

「詩と遠方(人生の理想と希望)」というロマンチックな言葉は、一体どんなものに使えるだろう?この問題の答えは上海徐匯区で見つけられる。今回のおすすめモデルコースで、上海徐匯区しか見られない有名人の故居と民俗文化財の情報が満載!一緒に詩情豊かな旅に出ましょう。

有名人故居編

その1 宋慶齢故居

激動の近代上海に生きた女性・宋慶齢(ソンチンリン)ゆかりの地。当時の邸宅をそのまま使用した貴重な資料満載の記念館。

图片9.png

住所:上海市淮海中路1843号

電話番号:0086-21-64376268

営業時間:9:00-16:30

行き方:地下鉄10号線「交通大学」駅1番出口を出て淮海中路を東へ進み、余慶路を渡り、さらに進むと右手に入り口がある。徒歩約10分。

その2 巴金故居

フランス租界に猫と暮らした作家・巴金(バージン)の故居。1923年竣工の古い邸宅とはいえ、家電や車椅子、棚に置いた日本人形までそのまま残されていて生活感を感じることができる記念館。

图片10.png

住所:上海市武康路113号

電話番号:0086-21-33685656

営業時間:10:00-16:00(月曜日が閉館)

行き方:地下鉄10号線「上海図書館」駅3番出口を出て、右手向かいの湖南路を入り、武康路を右折すると入り口が見える。徒歩約10分。

その3 草嬰書房

レフトルストイの著作小説を全部中国語に翻訳した翻訳家・草嬰(ツァウイン)の書房。草嬰の名言である「墓碑を残すより、書房を建てたい」はまさにこの邸宅を指している。

图片11.png

住所:上海市岳陽路195弄2号

営業時間:年末に公開する予定

行き方:地下鉄1号線「衡山路」駅1番出口を出て、永嘉路を右折し、岳陽路に入ると入り口は東南に当たる。徒歩約15分。

その4 夏衍故居

中国新文化運動の先駆者の一人・夏衍(シャエン)の故居。夏衍はこのイギリス風の邸宅で6年間も過ごしたという。

图片12.png

住所:上海市烏魯木斉南路178号

営業時間:年末に公開する予定

行き方:地下鉄1号線「衡山路」駅1番出口を出て、永嘉路を右折して安亭路に入り、入り口は徐匯区政協の付近。徒歩約10分。

民俗文化財編

その1 喬家柵

喬家柵(チャウジャシャン)は清宣統元年(1909年)に創立されたお菓子の老舗。上海地元の人は祝い事があったら、必ず喬家柵のお菓子を食べるという。

图片13.png

住所:上海市襄陽南路336号

電話番号:0086-18916705667

営業時間:8:00-20:00

行き方:曹家渡行きのバス45番に乗り、「襄陽南路永嘉路」バス停で降り、入り口はすぐ近く。徒歩約1分。

その2 上海工芸美術博物館

熟練の職人ワザを見学できる工房ミュージアム。1905年竣工の白亜の洋館をそのまま使った工芸品の博物館。別称「小さいホワイトハウス」。象牙や翡翠彫刻などの名作が展示されているほか、刺繍、切り絵、編み物などもいっぱいある。

图片14.png

住所:上海市汾陽路79号

電話番号:0086-21-64314074

営業時間:9:00-17:00(祝日が閉館)

行き方:地下鉄1号線「常熟路」駅4番出口を出て淮海中路を西に進み、宝慶路を左折し、復興中路を左折し、汾陽路を右折する。太原路との交差Y字路の左手に入り口がある。徒歩約15分。