ホーム > メディアセンター > ニュース

上海交通大学、アジア太平洋地域法学院院長フォーラムが開催

study.edu.sh.gov.cn 24-04-2019

4月18日、2019年アジア太平洋地域法学院院長フォーラムが上海交通大学凱原法学院で開催された。中国やアメリカ、オーストラリア、ロシヤなどの国からきた50人以上の法学院院長は今回のフォーラムに出席し、アジア太平洋地域における法教育の協力と発展について議論したという。

图片6.png

国際法学院協会主席のFrancis SL Wang氏があいさつの言葉を述べた

上海交通大学凱原法学院院長の孔祥俊氏は、「法教育のグローバル化を推進しようとするなら、まずは法教育の組織構造を革新し、法教育の目標と育成法を明確し、世界中の法学院の教育資源を活用しましょう」と述べ、法教育の分野で中国と外国の連携をアピールした。

それに対し、シンガポール国立大学法学院院長のSimon Chesterman氏は、アジアで世界一流の法教育を実行する方法や基準について、一次情報と経験を分かち合った。ほか、上海交通大学凱原法学院副院長の程金華氏によると、アジア太平洋地域内の大多数の法学院は国内外の競争に直面している。それを解決するために、差別化と相補性を強調する法教育システムを構築すべきという。