ホーム > メディアセンター > ニュース

上海大学留学生詩詞クラブ、初めての活動を開催

study.edu.sh.gov.cn 22-04-2019

春はどこにあるのか?答えは詩詞(漢詩)。

このごろ、上海大学留学生詩詞クラブの主催による初めての活動が開かれた。公園で集まった留学生たちは麗らかな春陽に誘われ、漢服(漢民族の伝統的な民族服)を着て春を探しに旅に出た。

1-1.png

漢服を着ていた留学生たち

留学生たちはまず、詩詞知識を競い合って盛り上がった。みんながやる気満々で発言し、きっと詩詞や中国文化に対して深い興味を持っているだろう。

1-2.png

先生は春を表す詩詞を解説していた

そのほか、詩詞のしりとりゲームや詩詞解説など、様々な活動も行われた。活動が一段落したら、留学生たちは公園を回って花見をしながら、「落英繽紛(花びらがさかんに散ったこと)」である桜の道から「緑肥紅痩(緑の葉が茂り、花びらが散って花の赤い色が減ったこと)」であるハナカイドウの下、「灼灼其華(燃えるように咲く花のこと)」である桃の林まで、この美しい景色を詩詞で吟じた。

1-3.png

詩詞のしりとりゲームで友達を作った

詩詞は生活の調味料。今回の活動を通して、留学生たちは詩詞で美しい春を見つけたほか、中国文化における人の感情や理性そして友情にも深く魅了されたという。