ホーム > メディアセンター > ニュース

2019トリノ大学孔子学院サマーキャンプが終了=華東師範大学

study.edu.sh.gov.cn 25-07-2019

このごろ、イタリアのトリノ大学孔子学院及び附属クラスのBotta、Spenelli、Umberto、Maria Ausiliatrice、Deledda高校からきた学生63人と教師6人が華東師範大学を訪問し、今夏のサマーキャンプ中国語プログラムに参加した。今回のサマーキャンプは「イタリアの青少年が中国文化を知り、中国語を学び、中国の青少年とより良い友達になる」ことを趣旨とし、同プログラムは国家漢弁による支援を得たという。

2週間の交流及び共同学習で、学生たちは中国語講義を受けたほか、中国語の応用レッスンも行われ、学生たちの中国語能力は大きな進歩を遂げた。また、学生たちは中華武術や中国語歌などの課程に参加し、中国文化の奥深さを味わった。うち一番おもしろいのは「一日中上海人になる」という文化体験活動で、学生たちは20か所ほどの住民の家を訪ね、地元の人と交流した。みんなは中華芸術宮の展覧会を見たり、マーケットで食材を揃え、餃子を作ったりして、一緒に遊び回った後、書道や古筝も教わり、美的情操を高めた。

放課後、学生たちは外灘や歴史的な街である武康路を歩き、都市の移り変わりを見つけた。そして上海博物館と予園に行き、黄浦江の夜景を楽しみ、上海の美しい姿に魅了された。それだけではなく、蘇州網師園と七里山塘街で江南ならではの綺麗な街並みも堪能した。

今回のサマーキャンプはすでに終わったが、中国人と中国文化に対する学生たちの熱愛は変わらい。「また中国に行きたい」とみんなは言った。