ホーム > メディアセンター > ニュース

2019年上海財経大学留学生サマーキャンプが開始

study.edu.sh.gov.cn 26-07-2019

 このごろ、2019年上海財経大学留学生サマーキャンプの開会式は同学中山北一路キャンパスにおいて開催された。国際文化交流学院党総支書記の王玲氏、副院長の楊鴻氏、サマーキャンプの責任教師ら及び世界各地からきたメンバーズ49人が出席。

1.jpg

全員の記念写真 写真・上海財経大学

楊鴻氏はまず上海財経大学を代表し、メンバーズに向かって歓迎の挨拶をした。同氏はまた上海財経大学の歴史を紹介し、学校はグローバル化を進んていて、学生たちが国際的な雰囲気の中で互いに理解を深めてほしいと語り、そしてサマーキャンプの無事成功を祈った。それに対し、国際文化交流学院の教師代表たる許諾氏は、学校の中国語教師たちはメンバーズを指導し、みんなに中国語の魅力と中華文化の奥深さを理解してもらい、忘れ難い夏休みの思い出が残れるように頑張ると情熱あふれった発言をした。

ウクライナのエリアさんはメンバーズ代表として、上海財経大学を感謝し、サマーキャンプに対する憧れを表した。「今回のサマーキャンプを通して、中国語能力を伸ばし、中華文化を理解し、ほかのメンバーズと友達になりたい」とエリアさんは言った。
今回のサマーキャンプは上海サマースクールの中華ビジネスプログラム、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスサマースクール、韓国建国大学校サマースクール、NT Educationサマースクール、2019中国語文化浸潤プログラムサマースクールによる構成された。うち中国語文化浸潤プログラムはビジネス中国語と中華ビジネス文化と分けられた。中国語授業とHSK模擬試験などの課程のほか、メンバーズは企業を見学し、ビジネス文化を体験できるという。また、上海財経大学国際ビジネス中国語教育・資源開発基地の中華ビジネス文化体験センターや上海財経大学商学博物館への見学活動も行われる予定。