ホーム > メディアセンター > ニュース

上海海事大学、第1回コペンハーゲン・ビジネススクールサマープログラムを開催

study.edu.sh.gov.cn 29-07-2019

 このごろ、上海海事大学の主催による、第1回コペンハーゲン・ビジネススクール(Copenhagen Business School)サマープログラムが正式に開催された。同学国際教育学院長の阮巍氏、教員代表、プログラム責任者及びコペンハーゲン・ビジネススクールの留学生たちが出席。

阮巍氏はまず留学生たちに上海海事大学の歴史と現状について紹介し、みんなを歓迎した。同氏はまた今回のプログラムの背景とスケジュールを説明した。コペンハーゲン・ビジネススクールサマープログラムは今年新設されたプログラムとして、従来より中国語・中国文化の授業時間数を減少し、海運、物流に関する専門講座と企業見学に基づく体験型教育を強化している。今回のサマープログラムは4週間に続くという。「1か月のプログラム期間は短いとはいえ、留学生たちが専門知識を深め、中国の海運業と物流業の発展状況を知られる同時、中国の社会と文化を探索し、視野を広げる好機だ」と阮巍氏は語った。

1.jpg
授業中の様子 写真・上海海事大学

その後、留学生たちは国際教育学院の職員による詳しい入学指導を受け、航海博物館見学にも参加した。学生たちは中国語・中国文化のほか、「中国の港湾及び海運業の発展」、「『一帯一路』を背景とした中国の海運業におけるサービスアップグレード」、「スマート港湾の建設」などの8モジュールの専門学習を行い、上海海事局、洋山港四期、上海海運取引所、外高橋東方物流など8か所を見学する予定。

2.jpg

留学生たちの記念写真 写真・上海海事大学