ホーム > メディアセンター > ニュース

ノーベル賞受賞者シャープレス教授が上海中医薬大学を訪問

study.edu.sh.gov.cn 23-09-2019

 9月16日、中国科学院士、上海中医薬大学創新中薬研究院長たる林国強氏の招きによる、ノーベル化学賞受賞者のシャープレス(K.B. Sharpless)教授が上海中医薬大学を訪問した。シャープレス教授と林院士は双方の研究チームが共同展開してきた「クリックケミストリーに基づく革新的中医薬の研究」プロジェクトについて深く話し合った。

1.jpg.png
全員の記念写真 写真・上海中医薬大学

検討会では、シャープレス教授や上海中医薬大学創新中薬研究院の張健革研究員などはそれぞれ研究報告を行い、化学と中医薬イノベーション研究の結合という分野における進展をまとめた。みんなはまた、プロジェクトに関する現時点での課題やその解決策を検討した。

シャープレス教授は現在、米スクリプス研究所(The Scripps Research Institute)でクリックケミストリーの研究を行っている。教授は2001年に「立体選択的な酸化反応」によりノーベル化学賞を受賞し、2018年に上海中医薬大学を初訪問し、プロジェクトの展開において林院士の研究チームと戦略パートナーシップを築いたという。