ホーム > メディアセンター > ニュース

新入留学生が「上海一日観光」活動に参加=上海師範大学

study.edu.sh.gov.cn 23-09-2019

 このごろ、上海師範大学国際交流処留学生弁公室の主催による、新入留学生が中国・上海をより深く知るための「上海一日観光」活動が開催され、83人の留学生が今回の活動に参加した。

2.jpg
写真・上海師範大学

留学生たちはまず城隍廟(じょうこうびょう)を見学した。城隍廟とその周辺は上海の最も古い商業地区であり、各種の軽食レストランや日用雑貨の店がずらりと並んで、小籠包(しょうろんぽう)などの食べ物が特に有名。中秋節にあたり、街には各種の灯篭が彩りをそえた。留学生たちは時代感のある建物を堪能したり、伝統的なお菓子を食べたりして、こういう老上海(古き良き上海)の風情に魅了された。

伝統文化の素晴らしさを体験した後、留学生たちは上海城市規画展示館と中華芸術宮でモダンな上海を実感した。都市計画と発展の歩みを次々に見ると、みんなが上海の早い成長スピードに仰天した。またスピートといえば、浦東国際空港のリニアモーターカーは留学生たちに「中国の速度」を実感させた。

時が経つのは早いもので、いつの間にか夕方になってきた。秋の吹く風で涼しさを感じたが、留学生たちは船に乗って、黄浦江両岸の美しい景色を眺めた。留学生たちも最後この素晴らしい一瞬を記憶に残すため、記念写真を撮った。今回の活動はこれで終わったとはいえ、きらきらとする新しい上海の留学生活はまたみんなを待っている!

3.jpg
写真・上海師範大学