ホーム > メディアセンター > ニュース

芬タンペレ大学代表団が上海工程技術大学を訪問

study.edu.sh.gov.cn 16-10-2019

 10月11日、芬タンペレ大学グローバル教育執行役員のTanuy Chen氏一行が上海工程技術大学を訪問し、同学国際交流処の王勤処長、張宇清副処長と会見した。

2.jpg
写真・上海工程技術大学

王勤処長はまず、上海工程技術大の概況や校訓、グローバル化の発展戦略などを紹介した。それに対しTanuy Chen氏はタンペレ大の特色、特に専攻分野と国際提携交流プログラムについて説明を行った。同氏は上海工程技術大がエンジニアリング学科における目覚しい成果を遂げ、その教育モデルを形成させたことに祝意をあらわし、これからの両校の協力に期待を寄せた。双方はまたタンペレ大が設置したプログラムの専攻マッチングやカリキュラムなどを討論し、合意を固めた。

タンペレ大学は、1925年に設立されたフィンランドの大学である。2020年のQS世界大学ランキングで395位を占めた。今回の訪問は上海工程技術大がタンペレ大学をはじめとする北欧諸学との提携を強め、双方の学生により多くの海外留学の機会を提供するための良い交流活動だという。