ホーム > メディアセンター > ニュース

上海国際芸術祭、臨港大学城で開催

study.edu.sh.gov.cn 31-10-2019

 10月24日、第21回中国上海国際芸術祭臨港大学城(大学城とは、大学のキャンパスが集中する地域のこと)特別演出は上海電力大学臨港キャンパスにおいて開催された。臨港各校(上海海事大、上海海洋大、上海電機学院、上海電力学院、上海建橋学院)、上海市教育委員会、臨港管理委員会、上海中国航海博物館などの代表者らが開会式に出席。

2.jpg
開会式の様子 写真・上海教育

今回の特別演出には、ドイツからの音楽学校による無言劇「ファウスト」(Faust)や上海戯劇学院による新編京劇「穆桂英掛帥」(穆桂英、元帥となる)などがあるほか、様々なイベントも開催される。例えば、上海電力大は講座「“一路奋进、一路歌”——70、80、90谈音乐」(『奮進する道で歌う』―70、80、90年代の音楽)を行う;上海海事大の学園劇「陈嘉震——致敬航海教育的先驱者」(陳嘉震―航海教育の先駆者に敬意を)、上海電機学院の独創舞台劇「春雪生机」(春の雪、生気に満ちる)を上演する予定。

芸術祭の大学城特別演出は「文化と教育を結合させる」ことを趣旨とし、6年連続開催されてきた。今年は10校余りにおいて開催されるという。