ホーム > メディアセンター > ニュース

第16回中日韓東海水生生物繁殖生理学シンポジウムが開催=上海海洋大学

study.edu.sh.gov.cn 31-10-2019

10月17日から19日まで、第16回中日韓東海水生生物繁殖生理学シンポジウムが上海海洋大学において開催された。北海道大学、長崎大学、済州大学校、釜慶大学校、河海大学、烟台大学など、中日韓高等教育機関からきた代表者50人余りがシンポジウムに参加した。上海海洋大学水産と生命学院の呂為群教授、劉利平教授、陳阿琴副教授などが同席。

1.jpg
参加者全員の記念写真(上海海洋大学)

今回のシンポジウムでは、中日韓の青年学者による3つの報告が行われた。みんなは水生生物繁殖生理学の各分野における最新の研究成果について交流討論し、現在や今後の課題を検討した。

東海水生生物繁殖生理学シンポジウムは2004年に発足し、「中日韓の青年学者に学術交流のためのプラットフォームを提供し、彼らのイノベーション意識と研究能力を高める」ことを趣旨とし、年ごとに中日韓各大学において開催されるという。