ホーム > メディアセンター > ニュース

上海、「健康動態QRコード」で新型肺炎対策

study.edu.sh.gov.cn 20-02-2020

 新型肺炎が感染拡大している中、上海が新たな対策、「健康動態QRコード」の導入を発表した。上海市衛生健康委員会は、当該コードの導入が効率的な管理を実現し、疫病予防・コントロールの助力になると見込んだ。

图片 1.png

「健康動態QRコード」の利用方法 写真・中国新聞網

「健康動態QRコード」は17日より利用可能になった。市民が健康に関する情報を入力すると、個人の健康状態を示すQRコードが出てくる。黒白、赤色、黄色という3種類のコードあり、それそれ正常者、感染の疑いがある者、疫病発生の重点地域からきた者を示している。。企業やコミュニティの管理者が上海市の「インターネット+医療健康」サービスアプリ、「健康雲」でこの動態QRコードをスキャンすると、特定者の受診歴や健康状況などの情報を確認できるという。

また、「健康雲」が感染収束後でも引き続き市民の健康のための様々なサービスを提供していく。