ホーム > メディアセンター > ニュース

上海市において隔離対象となる重点国家が計24か国に増加

study.edu.sh.gov.cn 23-03-2020

上海市は、3月20日以降、新たにオーストラリア、マレーシア、ギリシャ、チェコ、フィンランド、カタール、カナダ、サウジアラビアを重点国家とすることを発表しておりますので、お知らせいたします。

この発表により上海市では計24か国が重点国家となり、14日以内に上記24カ国への訪問・滞在歴がある者については、国籍を問わず、14日間の自宅または指定施設での隔離対象となります。

(規制対象国(最新))
韓国、イタリア、イラン、日本、フランス、スペイン、ドイツ、米国、イギリス、スイス、スウェーデン、ベルギー、ノルウェー、オランダ、デンマーク、オーストリア、オーストラリア、マレーシア、ギリシャ、チェコ、フィンランド、カタール、カナダ、サウジアラビア

「上海市において隔離対象となる重点国家が計24か国となりました。」(外務省)(https://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00050.html)を加工して作成