ホーム > メディアセンター > ニュース

上海市内を最終目的地とする渡航者全てに対する核酸検査の実施他

study.edu.sh.gov.cn 23-03-2020

●3月22日深夜、上海市政府は、検疫対象の重点国から日本を除外する方針を公表しました。一方、上海の空港到着後の導線や、自主的な自宅隔離の要否等は現時点では不明瞭であり、確認が取れ次第、お知らせします。(当館管轄の周辺四省(江蘇、浙江、安徽、江西)では、引き続き日本からの渡航者には隔離が求められています。)

●また、今後、上海市内を最終目的地とする渡航者全てに対して核酸検査の実施が行われることになりました。すでに核酸検査結果判定のために最大30時間の待機を強いられる、半屋外での待機が続く等の状況が報告されておりますが、すべての渡航者に対して核酸検査を行うことで、今後さらなる長時間の待機の恐れもあるところ、渡航の緊急性について再度ご検討いただくとともに、渡航される場合も軽食類、飲料水及び防寒対策等の事前の十分な準備をお願いします。

●上海市では、搭乗便に確定症例が出た場合、一般的には確定症例者の前後三列の乗客及び右エリアで業務を行った客室乗務員を濃厚接触者として指定施設での隔離が求めるようです。ご自身の健康に問題がない場合であっても、こういった状況によっては指定施設での隔離等が求められる可能性も常にありますので、十分にご注意いただくとともに、予想外の展開に対する準備を怠らないようにお願いします。

●中国当局は海外からの輸入症例の増大を強く警戒しています。引き続き、自分と周囲の人のために手洗い、マスク着用、咳エチケット等を徹底し、感染予防に努めてください。

出典:「上海市内を最終目的地とする渡航者全てに対する核酸検査の実施他」(外務省)(https://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00057.html)(2020年3月23日に利用)