ホーム > メディアセンター > ニュース

上海大学、オンライン文化祭を開催

study.edu.sh.gov.cn 20-05-2020

 15日、上海大学第8回国際文化祭及び第14回国際文化風情展が開催された。今年は新型肺炎の影響を受け、例年と違ってオンラインの文化祭となった。世界中からきた上海大学の外国人留学生はビリビリでライブ配信し、自国の文化を展示した。みんなは積極的にコメントしながら視聴した。

1.jpg
パキスタンからの大山さんが中国・パキスタンのホンチーラーフー国境を紹介し、パキスタンが中国の人々を歓迎していると彼が話した。 写真・上海大学留学生

2.jpg
小土さんはビデオで故郷のトルコのあれこれを紹介した。上海大学で1年間勉強した後、まもなく上海を離れる小土さんは特に今回の文化祭に参加するチャンスを大切に思っていた。 写真・上海大学留学生

3.png
マークさんはイタリアの手話について教えた。彼によると、イタリアでは「イタリア人は両手を縛られると、うまくしゃべれない」という俗語があるようだ。 写真・上海大学留学生

約4000人が今回のオンライン文化祭を視聴した。「今年の文化祭が中止になると思いました。このような形式でみんなと再会できたことは想像外です」とまだ海外にいるサテンさんが嬉しそうに見えた。

上海大学は150か国以上からきた外国人留学生4500人余りがいるという。14年間開催し続けた国際文化祭は上海大学の恒例行事として外国人留学生に知られている。