ホーム > 上海留学 > 大学

上海海洋大学

study-shanghai.org 29-09-2018

上海海洋大学の前身は1912年に創立された江蘇省水産学校であり、百年の輝かしい歴史と伝統を持つ大学である。1952年、本校は国内初めての学部水産類大学であり、1985年、上海水産大学に改名。2008年、教育部の許可を得て上海海洋大学に改名。本校は農業、理科、工学、経済、経済、芸術と管理が調和して発展する総合大学に成長した。学科は全面的にカバーし、専攻科もそれぞれ特色がある。

上海海洋大学には水産科学と技術学院、海洋科学と技術学院、食品安全と技術学院、経済管理学院、情報技術学院、人文学院、工学学院、外国語学院の8つの専攻科学院以外に、国際文化交流学院、継続教育学院、高等技術と職業教育学院及び上海海洋大学とオーストラリアタスマニア大学が共同創立したIEN学院の4つの学院が設けられている。そのほか、中央農業幹部トレーニングセンター上海海洋大学分校、農業部遠洋漁業トレーニングセンターと農業部漁政管理幹部上海トレーニングセンターはいずれも上海海洋大学に位置している。

上海海洋大学は1つの国家級重点学科、12の省部級重点学科、3つの上海大学一流学科、1つのE研究所を有する。学校は2つの博士号取得後科学研究流動所、3つの一級学科博士課程、10の一級学科修士課程、3つの修士課程を有し、8つの分野、47の学部専攻及び方向、10のポリテクニック専攻科に関する。

現在本校の在校生数は全日制一般在学生12700名以上、院生3050名以上。本校の教職員は1200名以上、そのうち教育科学研究員は900名近く、高級専門技術職務を有するのは500名以上、博士、修士チューター600名以上。

上海海洋大学は優れた学習条件と施設を有し、教育実験室と専攻科設備が揃っている。学校には大洋漁業資源持続可能発展など教育部重点実験室を有し、複数の専攻科実験室を築いている。

上海海洋大学図書館の所蔵図書は84.52万冊、デジタル図書38.9万冊あり、学校の海洋、水産、食品専攻科の特色を強調している。本校は現代化の学園ネットワークを有し、我が国の漁業水産業界にサービスを提供する中国水産インターネットプラットフォームを築いている。

上海海洋大学はアメリカ、日本、ロシア、オーストラリアの大学とその他の国際組織とも深い協力と関係を築いている。本校は海外の複数の大学と交換留学生を交わしており、中米海洋生物資料協力プロジェクトに長期間参加しており、連合食糧農業機関、国際連合教育科学文化機関、漁業情報センタ、アジア水産学会、 国際水棲生物資源管理センターなどと長期に渡って友好協力関係を築いてきた。

かつて上海海洋大学は3つのキャンパスがあり、それぞれ軍工路キャンパス、閔行キャンパスと学海路キャンパスがあり、南匯(上海)、奉化と象山(浙江省)に3つの水産養殖基地を受け持っていた。上海大学配置構造調整計画により、2008年全校を上海臨港新城に移転し、本校の沪城環路キャンパスは敷地面積約1600ムー以上、計画建設面積58.6万平方メートルに達する。遠くない未来に、完備した機能、先進的な施設と美しい環境を有する現代化大学が中国東海海岸線と滴水湖沿いに立ち上がるだろう。

お問合せ
上海海洋大学国際文化交流学院(CICE)
電話:+86-21-61900777
FAX:+86-21-61900778
メールでのお問合せ:gjxy@shou.edu.cn
ホームページ:(上海海洋大学)http://eng.shou.edu.cn/

(国際文化交流学院)http://admissions.shou.edu.cn/en/en?c=index